NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合い、パートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜X”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2020/10/22 12:45:00|その他
丹沢 勘淵沢

日時:10月20日(火)晴れ
メンバー:LDpopo mikko つっちぃ
行程:世附川橋先のⓅ8:15⇒世附川ロッジ付近Ⓟ8:30→勘淵沢橋堰堤高巻き9:05〜35→遡行➝500m付近高巻き右岸尾根11:15➝登山道➝太郎小屋山➝太郎山北尾根下降➝世附大橋15:15➝世附川ロッジ付近Ⓟ15:30

感想:mikkoさんにピックアップしていただき朝の寒さに今回で今年最後かななど度話しながら・・相変わらず混雑。で15分遅れで世附川橋Ⓟに到着。Popoさんはすでに到着。ロッジ近くのⓅを偵察してくださっていました。

場所移動して支度をして出発。Popoさん先頭で、勘淵沢橋を渡ったところから堰堤を高巻き。朝1の急登に息を弾ませ登り、ロープを出して懸垂下降で沢に降ります。まだヒルがいました。右股に進みます。小滝の連続。脆い岩を確認しながら、快適に進む。440m二俣から進み5m滝から脆くスタンスが細かく巻くことにする。

高巻きし、ザレザレの斜面から沢を覗く。が・・よく見えず確認できない。懸垂で降りても登り返して、下る勘淵沢左岸尾根にザレザレで登り返せるか?協議の結果安全に、尾根を登り登山道に出るコースを選択

ザレザレの急登をロープを引いて3ピッチ。思ったより時間がかかりました。2ピッチ後、初めて休憩を兼ねてランチにする。その後も急登が続き、登山道着。登山道歩きが何と楽ちんかホッとして進む。途中伐採の作業されていました。ご苦労様です。

太郎小屋山からは北尾根を下る。6月にこの尾根を登ってきたので様子がわかり。ハイスピード。途中トラバースで尾根を乗り換え無事世附大橋前に着。思ったより時間がかかり休憩なしで歩きました。Mikkoさんがすぐ那須岳に向けて出発予定です。頑張って登ってきてね〜。
Popoさん計画ありがとうございました。やっぱり沢楽しいですね。 つっちぃ記

関連記録 mikkoさんの記録へ

 




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

羨ましい
haluの熟女三人の沢、良いですね。12月に草鞋納め、1月に草鞋卸していた、遠い昔が懐かしい。POPOさんの活躍、とても嬉しいです。
sako  (2020/10/31 5:29:43) [コメント削除]

ザレザレの稜線のリード、ありがとうございました。
初級の短い沢の予定でしたが、更に沢は、短くなってしまいましたね。
沢を遡行できなくなった時にどうするかなど、私としては、大きな学びがありました。ありがとうございました。

popo  (2020/10/23 23:07:48) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。