NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜W”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2020/02/13 10:10:00|その他
富士山(二ツ塚)スノーハイク



日時:2020年2月11日
天候:晴れ

メンバー:takka(L)、mikko、つっちい、じゅん(記)

コース:
水ケ塚P(8:30)−御殿庭下―ニツ塚上塚(11:50)−下塚―幕岩―御胎内―水ケ塚(14:40)

記録:
冬の富士山、水ケ塚から双子山(=二ツ塚)周回スノーハイクです。
水ケ塚で身支度を整える、雪煙が立ち上る富士山を見て寒さと風に恐れをなしてたが駐車場は寒すぎる感覚がない。最近は晴天続きの為新雪はなく固めな雪質のトレースしっかりついた道を進む。空は真っ青で陽射しもあり全然寒くない。

30分歩いた所で衣類を調整しmikkoさん以外はチェーンアイゼンや軽アイゼンを付け高度を上げていく。風もない樹林帯の中アンダーウエア+長袖1枚で平気なポカポカ陽気。10:20御殿庭下着、休憩と取る。



つっちいさんから甘夏のおやつを頂くが素手で食べる事ができる程だ。木々にも雪は何も付いてなく50cm位積もっているのかな?凍った箇所もなくサクサク進む。当初の予定では四辻まで行って上塚へのルートだったが御殿庭入口から直に上塚を目指すことにした。

ここでmikkoさんスノーシュー装着、4人で目の前も真っ白なお椀型の上塚へ向かってトラバース開始。左手には宝永山・富士山頂が、右手には伊豆の海岸線・駿河湾・箱根外輪山と素晴らしすぎる景色が!と、山の上からくるくると竜巻が!ブワッと風&雪に巻き込まれ唖然としていたら通り過ぎ方向転換をしたヤツがまた近くまで戻ってきた。大きい竜巻だったら双子山まで飛んでくかな〜なんてのんびり考える程寒さも冷たさもなかった。



壮大な景色に感動しながらふと前を見たら。。つっちいさんが滑りそうで怖いわと恐る恐る歩いているではないか?!私がこんなにルンルン歩いていると言うのに???アイゼンつけてるんだからそんなに怖がることないよ〜などと言いながらもtakkaさんのチェーンアイゼンと取り換えっこ。そしたら…うわー滑るなぁとtakkaさん実際こけてた。かたやつっちいさんさっきまでが嘘のように軽快な歩きに。アイゼンなのに滑るなんてどうしてどうして?トラバースを無事終えて上塚へ。





ちょうどお昼だったのでてっぺんでランチタイム。その後下塚へ向かう。どこを登っても下ってもOKな雪山、最高だ!わーいと喜んでいたのもここまで。快適なサクサクは下塚の下りからズブズブに変わる。雪がゆるんできてアイゼンが効かない。さらに倒木のつぐ倒木の森に入り込み踏み抜きオプション、大苦戦しながらなんとか幕岩方向へ進んだ。途中せっかくだからとスノーシューを装着。一休みの時にtakkaさんが甘酒を振舞ってくれた。温かく甘くとてもほっこりした。





朝の車内では風の強そうな予報と寒さに怯えていたが1日中晴天に恵まれ、最高のハイク。だった。帰りの車からは午後のお日様にキラキラ輝く富士山がとても美しく見えて感動的だった。同行の皆様ありがとうございました。こんな富士山ならまたすぐ行きたいです。


関連記録 mikkoさんの記録へ






     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

風が無くてラッキー!
最高のコンデションで歩け、楽しめましたね〜
でも、つむじ風?竜巻?には驚かされましたね!
お疲れさまでした。

mikko  (2020/02/13 20:56:31) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。