NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜W”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2019/09/14 22:21:00|その他
白毛門・東黒沢〜ウツボギ沢
【行程】
9/7 6:30白毛門登山口P−6:55東黒沢ハナゲの滝−10:50丸山のコル−
11:55ウツボギ沢出合い−12:00広河原

9/8 6:40広河原−7:05ウツボギ沢20m二段の滝−11:10稜線−12:10白毛門山頂−13:00松の木沢の頭−15:20白毛門登山口P

【メンバー】
リーダー:mikko、Takka、つっちー、ike、おたま

【記事】
 昨年の9月、あいにくの天候で中止となったウツボギ沢。
今回も気になる台風15号が本州に接近中だったが、リーダーの予報判断により決行。
お陰様で行動中は天気も良く、渓中泊と沢登りを楽しんだ。
何と言っても東黒沢のハイライトは、ハナゲの滝。落差20m、長さ70mのナメ滝、落ち口から滑り落ちる水流が途中の岩にはじけながら放射状に流れ落ちるその姿は、「ハナゲ」と言う言葉とは程遠く女性的な美しさがある。
そのハナゲの滝、登山口をスタートして初めての滝なので、みんなが靴底の感触を確かめつつ、岩のヌメリを気にしながら通過。
小滝をいくつか越え、両岸が狭まったやや流れの深い岩場にさしかかる。
順々に左岸をへつって行くと、四番手のikeさんが…初沢登りで初ドボン!
記念すべき瞬間でした。
その後もいくつもの滝を越えて行くと、ところどころにミズの群生地。
特に食べられる植物には目がない三人に、「茎の部分は、ほんのりフキの香りがして茹でても、揚げても美味しいよ!」と、教えられる。
枝沢との出合いに着く度に高度とルート図で方向確認。やがて水流が途絶え急傾斜、藪漕ぎを10分くらいすると樹林と背丈よりも高い熊笹に覆われた丸山のコルに到着。
もう登らなくて済むと思うと、気持ちが軽くなる。
コルからは、1時間ほど小沢を下降し広河原に12時ころ到着。
天気もいいし、テント設営とマキ集めの後は、夕方まで釣り三昧か〜!?
  夕方、釣りから戻るとTakkaさんとikeさんが既に焚火を始めてくれていて、すぐに晩飯の準備に取り掛かることができた。
晩飯は、
Takkaさん作の焼きナス、
ikeさん作の切干大根サラダ、
そしてマキ拾い中につっちーさんがゲットした大きなタマゴ茸入りつっちーさん作キノコ汁、
そしてメインは?… て ん ぷ ら !!
ナス、ピーマン、ししとう、おくら、舞茸、モロヘイヤ、竹輪、タマゴ茸。
岩魚が無かったのは少々残念であったものの、mikko料理長揚げたての天ぷらで全員のテンションが最高となりました。
 
 9/8、曇り6:40ウツボギ沢遡行開始、水が凄くきれいだ。
ジンクリアな水流を遡行して行くと間もなく沢が狭まるがまた開けてくる。ナメ状の滝を越えて行くと二段20mのウツボギ沢で一番大きな滝!?、左岸を難なく通過。
沢は明るく、ナメや2〜3mの滝をいくつも越えて高度を稼ぐ。
標高1550mあたりから水量もほんの少しとなり、やがて沢も溝状のガレとなる。
1630m辺りの左から合流する枝沢に入る予定であったが、メインの沢を少し登り過ぎてしまったことに気付く。このまま進み笠ケ岳寄りの稜線に出ようと言う案も出たが、リーダーの指示で枝沢の出合いまで下降。出合いが岩の棚状の枝沢に入るとすぐに狭い溝状の急登が始まる。熊笹が上部を覆う狭いトンネルの藪漕ぎとなり…最後は、溝もなくなり在るのは熊笹の濃密な壁。ここは百万馬力のikeさん先頭(非力の私は、最後尾で楽させていただきました)で熊笹と格闘して行くと、眼前に笠ケ岳が現れ、稜線の登山道らしきものも見えてきた。
辛楽しい!?藪漕ぎも終わり11時、登山道に出られた。
12時過ぎ白毛門山頂。谷川岳東面の岩場や連なる山々の眺めが素晴らしい。
一番辛い!?急な下降路を膝と爪先の痛みをこらえながら慎重に下る。
 
15:20白毛門登山口に無事下山。
皆さま、お疲れさまでした。
 

写真は、左から…ハナゲの滝をバックに、晩御飯の準備中、稜線より笠ケ岳方面を望む
                              おたま記

ikeのヤマレコ記録→https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2011157.html

関連記録 mikkoさんの記録へ

 




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 3 件中 ]

良い沢でした!
初心者コースなのでロープを使うことなく遡行できました。綺麗な沢で楽しめました。
泊まり、楽しみが多かった。

takka  (2019/09/17 8:34:11) [コメント削除]

お天気に恵まれ!
楽しく行ってきました。9月は虫もいなくて快適ですね。天ぷらも美味しかったし〜。
機会があればまた行きたいですね。

つっちぃ  (2019/09/17 8:05:59) [コメント削除]

二年目でやっと行けました。
やはり渓中泊は楽しいですね〜
初めてのウツボギ沢はとてもきれいな沢で楽しめました。

二日目は藪漕ぎが一番しんどかったけど、稜線からの景色は素晴らしかった〜

来年も渓中泊したいな〜

お付き合いいただいてありがとうございました。

mikko  (2019/09/16 10:44:15) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 3 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。