NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜W”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2019/08/18 7:33:14|その他
北アルプス 剣岳(北方稜線)〜立山

2019年8月12日〜14日で剣岳(北方稜線)〜立山を歩いてきました。
メンバー:FUKU

今回の北方稜線の目的はと言うと。2年前に初めて歩いたときに何故かスタートから最後まで山で会った人と一緒に歩いた事だ。ほんとは1人で歩きたかったのに、そういう事になってしまったのだ。そのときは楽しかったとも思えたけど、あまり印象に残らない山になってしまったのだ。自分で考えて歩いてないからだな。という事は本質的には楽しくなかったんだと思う。そんな意味で気持ちのリベンジをしに行こう。

1日目:扇沢、始発の6時半のトロリーバスに乗ろうと1時間くらい前にチケット売り場に行ったら、もうすでに長蛇の列だ。え〜始発に乗れるのか?って心配になる。心配どおり乗れなかった(笑)。前夜泊してるのになんとも情けないことだ。7時の便に乗り7時15分黒部ダムを歩き始める。
30分のロスを取り戻したい気持ちはあったわけだけど、歩きは調子よくて気持ちいい。始発の7人の人を挨拶しながら先に行かせてもらう。しかし、標高が低い分暑くてたまらなかった。内蔵助平で1回目の休憩だ。濡れたシャツが雑巾みたく絞れる。ほんとに暑い。そして、ハシゴ谷乗越を越え二俣吊橋まで一気に歩く。ここで2回目の休憩だ。あまり長い休憩はかえって疲れが出るのでほどほどに。って言うか1人だと休憩すら間が持たないのだ(笑)。まともな行動食はいつも食べないけど、飴玉とカリカリ梅は頼りになる存在だ!しかし、このルートは水場が多くてほんと助かるな。そのたびに水をガブガブ飲んで首を冷やして歩いてこれたからね。
そして、最後の登りの仙人新道で池ノ平小屋まで。ここまできてこの登りはかなり堪えるけど、ゆっくりでもいいから一歩一歩を意識して立ち休憩、深呼吸を繰り返して登っていく。
腕時計のバンドが壊れててしまってあったんだけど、小屋に着いて腕時計を見たら14時15分到着だったのは暑いのに良く頑張ったと自分で思った。リアルに時間を見ずに歩くのもいいもんだと、それも思った。
あとは、テントを張ってのんびりビールを飲もう。ビールを買いに行き、ふと小屋を覗くと志水哲也さんだ、間違いない。もちろん面識はないけど、志水さん?と声をかけ少し話して一緒に写真を撮ってもらった。のんびりしてるとこをお邪魔して申しわけなかったです。

2日目:いよいよ北方稜線だ。何時に出発するかイメージして4時出発にする。明るくなる頃、小窓雪渓を歩ければと思う。軽アイゼンを着けて登っていく。なくても平気だと思うけど、余計なふんばりをしなくていいので足の疲れが軽くすむと思うな。
しかし、昨日に続いて天気は抜群でほんとに嬉しい気持ちになれる。進むべき踏みあと意外にもいくつか踏みあとがあるから、2回目でも2年前だ、注意深く進んでく。小雪渓のつうかは距離は8メートルくらいだけど傾斜があるので緊張した。前回はステップが切ってあったから気楽だったんだな。
そんな感じで進んで急なガレ場を登れば、池ノ谷ガリーの真正面のポイントだ(写真1)。登るときは上から人が降りてこなきゃいいなって思う。落石が怖いからね。三ノ窓にはテントが4張りでクライマーがたくさん登ってるのが見えた。池ノ谷ガリーの登りはと言うと、踏みあとで地面がなるべく露出してるとこを歩いてく。小さな岩はほとんどが浮いてると思って間違いない。下から人が来ないからと言って適当に歩くんじゃなくて、絶対落石は落としちゃいけないって神経を使う歩きが大事だと思う。
そして、剣岳が見えるポイントまで進んできた(写真2)。まぁ、2回目だから知ってるとは言え、小さな間違いや考える場面はあったけど、それが面白いんだな。剣岳に10時5分到着。今日もいい歩きができた。何となくお願いして写真を撮ってもらった(写真3)。
もう歩きたくはない。剣沢キャンプ場でビールを飲んだり昼寝をしてのんびりだ。

3日目:今日で下山なので、比較的ゆっくり準備をして出発だ。立山〜一ノ越〜東一ノ越と歩いてく。途中、龍王岳&鬼岳&獅子岳と勇ましい名前の山が目の前に素晴らしい。そして、黒部平に到着だった。黒部平から眺める、写真中央の左よりの鞍部が東一ノ越(写真4)。


 




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 5 件中 ]

mikkoさん、ありがとうございます
mikkoさん、そのときは残念でしたね。。岩場とルート読みが必要なルートだから天気を見方につけないと怖いですもんね。
自分も3年前に初めて行こうとしたとき、天気がいまいちで不安だったので湯俣温泉と五竜岳に転進しました。
髪型はめんどくさくて飽きちゃったから元の状態に戻しただけですよ。今思うと、あんま評判よくなかったかもな(笑)

FUKU  (2019/08/20 20:56:13) [コメント削除]

行って見たい。。。。
FUKUちゃん、お疲れさまでした。
私も一度チャレンジしようと思ったのですが、天候が悪くて劒沢キャンプ場で敗退しました。
それからいつかと思いながら行けずじまいになっています。
羨ましく思いながら記録を読ませていただきました。
FUKUちゃんの充実感に満ちたお顔素敵ですよ〜
髪型も替えたのですね。

mikko  (2019/08/19 22:02:01) [コメント削除]

表紙の写真
せっかく表紙の写真をアップしてもらったんだけど、ちょっと違っていて、直してもらうのも大変だと思うので。。
池ノ平山と小窓雪渓です。

FUKU  (2019/08/19 18:42:26) [コメント削除]

momoさん、お久しぶりです
今回、一人で歩いたことで何となく引っかかってたものが無くなってリベンジ成功だと思います。
最近、ちょっと山から気持ちが遠ざかってたんだけど、やっぱ山を歩くのはほんと楽しいですね!

FUKU  (2019/08/18 17:20:34) [コメント削除]

お元気そうで何よりです。
fukuちゃんお久しぶりです。
一人山旅楽しそうでしたね。
剣岳の容姿はいつ見ても素晴らしいですね。
これからも頑張って楽しんでください。

momo  (2019/08/18 10:59:47) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 5 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。