NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜W”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2019/05/19 18:45:43|その他
滝子山(寂ショウ尾根〜すみ沢コース)

GPS軌跡


日  程: 2019年5月18(土)

メンバー: N村(LD)、furu、sako、sakutaro、S田、mikko

天  気:曇り
行  程:6H57′
歩行距離:11.7km
総上昇量:1151m

コース:
平塚自宅3:55⇒TATUYAファーム⇒furuさん宅⇒厚木IC⇒大月IC→5:30桜森林公園5:55→6:03寂惝苑→6:21鉄塔→6:29林道→8:27浜立尾根分岐→8:52浜立山8:58→9:18浜立尾根分岐→10:00滝子山10:05→10:07白縫神社→10:17すみ沢コース分岐→12:23道証地蔵(林道合流)→12:52桜森林公園⇒往路を帰路に着く

今日は、秋に予定しているランタン谷〜ヘランブー(ネパール)へのトレッキング縦走メンバーでの親睦山行です。出発まで高所順応を含めてあと5回予定しています。

日記:
中央道の渋滞回避と登山口駐車場を確保するために、時間を早めて出発することに。。。。
上手くいけば往復ともに渋滞回避が出来るかもとのもくろみです。

S田さんをピックアップして来たN村車に3時55分mikko宅、TATUYAファームでsakoさん、furuさんの順にピックアップしていただいて一路、桜森林公園に向けてひた走る。心配した八王子JCTでの渋滞も無く順調走行で、待ち合わせ時間より30分早く桜森林公園に到着となった。間もなくsakuちゃん車も到着して予定より早い時間で出発する。早朝の空気、気持ちいいです。



大鹿林道を少し進み、橋を渡った先にある無舗装の林道分岐が寂惝苑(寂ショウ尾根)入口で、林道を進むと間もなく寂惝苑の建物があり、ここが林道終点です。
ここから踏み跡を辿って行き尾根上に乗ると鉄塔があった。この鉄塔斜面の起伏に合わせたためか脚の長さが4本とも違っていたのでチョッと面白く話題の上る。

林道に出て、少し右側から付く踏み跡に入ると寂ショウ尾根の始まりで、いきなりロープの付く急登を、ロープを掴みながら攀じ登って行く。



傾斜が緩くなると新緑を眺めながらの歩きがしばらく続き、処々では満開のヤマツツジも見ることが出来た。

緩やかな登りと急登を繰り返しながら高度を上げて行き、1300m付近から岩場が処々に出て来るが、今日のメンバーは岩場好きが集まっているので難なく楽しみながら越えて行く。
標高が上がるとツツジもヤマツツジからミツバツツジに変わった。









1450m付近にはイワカガミが群生していて可愛い花を咲かせていた。花が小さいので姫イワカガミかな?
ここから100m弱の登りで浜立尾根に乗り寂ショウ尾根とはバイバイです。

リーダーから時間があれば浜立山に行きましょうと言われていたので、早朝発で時間もたっぷりあったので浜立山をピストンすることにした。
尾根の右手には芽吹いたばかりのカラマツ林がとても素敵で、ムシカリやモミジの花も咲いていた。

浜立山まで踏み跡がしっかり付いていて、その先にも延びていたので浜立尾根を登る人も多いのではと推察。。。。機会を作って登って見たい。

山頂の木にワイヤーが巻き付けてあり何のために付いているのかが?だったが、集合写真を撮るためにfuruさんがワイヤーにカメラを括り付けて三連写でハイポーズ!中々いい感じに撮れてビックリ、まさかカメラ用に付けたとか。。。。。



往路を戻って滝子山山頂に向かう途中、小さな水滴が時々落ちて来る。山稜全体にガスが掛かってしまって展望も望めず、寒くなってきた。



山頂で超早いランチタイムを取るが、水滴が少し大きくなってきたので雨具の上だけを着ておにぎりを食べ、寒かったので早々に下山の途に付く。

山頂から少し進むと鎮西ヶ池に付く。池と言っても大きさは畳半畳ぐらいで気が付かないでスルーしてしまいそうな池だった。側には小さな宮の白縫神社が賽銭箱と共にあり、賽銭箱の方が大きいかもです。
そして辺りにはサクラソウの群生があり、まだ花は咲いていなかったが咲いたらきれいだろうな。。。。。

高度が下がってくるとガスも取れ、処々に現れる花々を愛でながら緩やかに高度を下げて行き、すみ沢源流付近から沢を眺めながらの下りになる。
沢ルート(難路)と曲り沢峠分岐経由の分岐では、沢ルートは崩壊個所があるとの情報から曲り沢峠分岐経由のルートに進み、曲り沢峠分岐からジグザグにすみ沢に向かって下りて行く。途中、ロープの張られたツルツルの斜面を下る箇所があった。赤土なのでかなり滑りやすいです。

沢ルート(難路)が合流する分岐付近の登山道は荒れていなかったのでモチヶ滝を見に行くにはここからピストンをしたほうが良さそうです。
またすみ沢に沿って歩くようになり、木橋を渡って更に歩を進め道証地蔵に着き大鹿林道に合流する。ここから林道を30分ほど歩いて桜森林公園に戻って解散となる。

途中、花立尾根の取付を確認することが出来たので、機会を作ってぜひ登って見たいと思った。
また、早朝出発の甲斐があって往復ともに渋滞に遭うことなく、駐車場も問題なくとめられ、早朝のすがすがしい中での歩きも出来てメンバー内では好評だった。

来月の山行はmikkoが計画をする番です。
何処にしようかな。。。。。(梅雨の晴れ間になってほしい!)





【写真】
写真をカメラからUSBコードで取り込んでいる時に、誤って本体の写真を削除してしまったためmikkoの写真はほんの少しだけになってしまったので、今回の写真の殆どはN村さんとfuruさんの写真を使わせていただきました。写真を頂けて感謝でした。






     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 4 件中 ]

楽しい1日
早朝出発を十分に堪能し、新緑の中楽しい山行でした、ここは前に何回も歩いたルートなのに、今回は山頂が遠く感じられました。体力が落ちたのはいかんともしがたい。
sako  (2019/05/21 19:27:21) [コメント削除]

楽しい山行をありがとうございました
おかげさまで、当日は朝食を約3回食べる事が出来ました。(笑)

sakutaro  (2019/05/20 20:36:55) [コメント削除]

ぜひ。。。
チョッとルートを変えて行きましょう。
mikko  (2019/05/20 17:53:10) [コメント削除]

楽しそう
私も行ってみたいです

岩場好きつっちぃ  (2019/05/20 3:13:06) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 4 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。