NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜W”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2019/05/05 13:40:00|その他
@九州の山旅(雲仙岳)

GPSの軌跡


日  程: 2019年4月4日(木)〜25日(木)

メンバー: mikko

雲仙岳1486m(長崎県最高峰・200名山)

天  気:晴れ(4/6)
行  程:4H37′
歩行距離:6.6km
総上昇量:657m

コース:
4/4)移動距離677km
平塚自宅9:50⇒秦野中井IC⇒福山SA(泊)

4/5)移動距離539km
福山SA7:25⇒小谷SA⇒8:50宮島SA⇒11:20壇之浦PA⇒関門橋⇒11:46吉志PA⇒古賀SA⇒13:55金立SA⇒15:00木場PA⇒15:11諫早IC⇒16:47仁田峠⇒17:19池原園地ⓟ(泊)

4/6)雲仙岳(普賢岳)移動距離79km
池原園地ⓟ7:50⇒7:55仁田峠循環道路料金所(協力金100円)⇒8:08仁田峠8:18→8:20ロープウェイ仁田峠駅→8:39あざみ谷→9:05紅葉茶屋→9:08鬼人谷口→9:17西の風穴→9:32北の風穴→9:36湯江川源流→9:39鳩穴分かれ→10:11立岩の峰→10:21分岐→10:22霧氷沢→10:26分岐→10:33秩父宮殿下登山記念碑→10:35分岐→10:37普賢岳→10:49分岐→11:09紅葉茶屋→11:10鬼人谷口→11:26国見岳分岐→11:37国見岳11:56→12:05分岐→12:19妙見神社→12:23妙見展望所分岐→12:24妙見展望所12:28→12:32妙見展望所分岐→12:35ロープウェイ妙見岳駅→12:55仁田峠ⓟ13:20⇒13:38雲仙よか湯(入浴料400円)14:47⇒16:52中山キャンプ場(泊)


日記:
4/4)
いよいよ九州に向けて出発です。
今回は200名山と各県の最高峰を目指し、基本は車中泊&自炊です。
なるべく空いているPAで休憩を取りながら進み、広島の福山SAでお泊り、しっかりカーテンも閉めておやすみなさ〜い。

4/5)
SAのコンビニでパンと牛乳を買って朝食を済ませ、今日も順調走行を目指して出発します。
途中立ち寄った小谷SAにはコインランドリーがあってビックリ、宮島SAは桜が満開で、安芸の宮島を観光気分に浸りながら暫し眺めた。

関門橋は壇之浦PAから眺めたあと渡るが、あっという間に九州に入ってしまってビックリ。思った以上に短かった。



諫早ICで下り、一般道を走るようになると九州に来たんだって実感が湧いて来た。ゆったり街並みや景色等を楽しみながら走りたいけど、皆さん一般道を70km越えで走って行くからたまりません。。。。。

時間が早かったので普賢岳の登山口である仁田峠に行って見ることにした。仁田峠循環道路入口料金所で100円の協力金を支払って仁田峠へ向かい、仁田峠の手前にある展望所にも立ち寄ってみた。タイミングよく三人の男性が来たので、お願いして平成新山をバックにシャッターを押してもらう。mikkoが着いた時には青空が広がっていたが、さっきまでかなりの量の雨が降っていたとのことで、ナイスタイミング着にヤッタネ!

本当は仁田峠で車中泊したいところだったが、夜間は閉鎖されるので池原園地(トイレあり)へ戻ることにした。この辺りは駐車場付きの公園が複数あるみたいなのでどこでも泊まれそうです。
また、ここは妙見岳登山口になっていて仁田峠迄30分で行けるらしいので仁田峠循環道路が開くのを待つのが嫌な場合はここから登れます。
今夜ここを利用するのはmikko車だけ、夜は駐車場もトイレも照明がつかないので真っ暗です。

4/6)
スリーシーズン用のシュラフの中で、寒さを感じて目が覚めてしまった。
九州は神奈川より暖かいと勝手に思い込んでいたがどうやら違うようです。
起きた後も薄手のフリースの上にダウンのジャケットを着ていた。

仁田峠循環道路は8時にならないと開かないので、のんびり朝食を取りコーヒーも飲んで出発します。料金所に5分前についてしまったが、運よく徴収員が早く着て開けてくれたので待たずに通過出来た。

仁田峠について出発準備をしていると観光バスが着いた。mikkoが出発する頃には、出て行った観光客が戻って来たので、ここは上には行かずに周りを見るだけの様だった。ロープウェイ駅を過ぎると静かになりひとり旅の始まり、足元の花を愛で鳥の囀りを聞きながら歩を進めます。

風穴経由で普賢岳に行く場合は一方通行になっているので鬼人谷口から登山道に入って行く。
西風穴、北風穴を見、鳩穴分かれからの展望は気温が高かったためか霞んでいて遠くが見渡せないのが残念だった。

【ヤマグルマ】


このルートは、平成新山の直ぐ際を通るので処々から噴き出しているガスが見え、景色も今までとは違ってなかなかいい感じで特に処々にある溶岩ドームが印象的です。



霧氷沢と秩父宮殿下登山記念碑に寄り道をしたあと普賢岳山頂に着く。
誰もいなかったので苦手な自分撮りをして見るが、結果はやはり・・・・・
360度の展望を眺めていると、単独行の男性登山者が登ってこられたのでお願いしてシャッターを押してもらう。お話をしているうちに同じ神奈川県(川崎)の方で現在は単身赴任で福岡に居られるとのことで、時々お山を歩かれているそうです。



【国見岳】


ひと足お先に山頂を後にして国見岳に向かい、妙見岳に向かうルートに入ると登山者と処々で会うようになるが途中、分岐から国見岳へのルートに入るとまた静かな歩きになった。登りの途中で外人の単独男性に会い『ハロー』と声を掛け笑顔ですれ違う。

岩場の所で普賢岳でお会いした方が追い付いて来たので、お先にどうぞと声を掛けて登っているところを写真に撮らせてもらう。やはり人が写っている方が画になりますね〜

【国見岳の登り】


国見岳山頂の温度計は19℃、朝寒かったのでチョッと厚手のウェアーを着ていた私、どうりで暑かったわけだ。

福岡の男性が降りたあと、暫し展望を独り占めで楽しんだ後mikkoもそろそろ戻りましょう。

【普賢岳と平成新山】


分岐まで来た道を下り、分岐から妙見岳に向かいます。

【妙見岳】


妙見神社に着くと、妙見岳への登り口らしきところにロープが張られていた。先を見ると背丈以上の笹で覆われていて入れる状態ではなかったので登っている人はいなさそうだった。

神社から少し進んだところに、展望所への分岐があったのでまたまた寄り道。。。。。
ここはロープウェイの妙見岳駅のすぐ上にあるので、観光客が多かったがmikkoが行った時にさっと引いて行ったのでラッキー!普賢岳、平成新山、国見岳と別れを惜しみつつ暫く眺めてから下山の途に付き、20分ほどで仁田峠に下りて九州1座目の山行を終えた。

雲仙温泉の『よか湯』で入浴後、経ヶ岳の登山口である中山キャンプ場に向けてGO〜
途中で道路沿いにあるスパーに立ち寄り、鶏レバーの焼き鳥とサツマイモの天ぷらを買って、食べながら運転し(信号が赤の時にパクッです。)、諫早湾の干拓堤防道路を通って中山キャンプ場に着く。干拓堤防道路の通過の時は、橋ではなかったので堤防伝いの走りに不思議感いっぱいの走行だった。
後で調べてみたら諫早湾の水深は20m位と浅く、堤防が出来ても不思議でないことが分かって納得だった。

17時半頃ふたりの女性が戻って来たので様子を聞こうと声を掛けてみると、あちこち寄り道しながら登ったので9時間の行程だったとのこと。
このうちのひとりの女性からコーヒー、スープ、味噌汁、粉末スポーツ飲料の差し入れを頂いてしまった。旅行中美味しくいただきました。ありがとうございました。

夜は誰もいなかったので車中泊車はmikko車のみです。
キャンプ場は閉鎖しているが、トイレ付近の外灯は点灯、トイレも電気が点いた状態で使用、外の水道も使えたのでありがたかった。
20時就寝、おやすみなさ〜い。


動画



A九州の山旅(経ヶ岳)へ続く






     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

ありがとうございます。
続きの記録UPはまだまだ時間が掛かりそうです。
mikko  (2019/05/06 21:10:16) [コメント削除]

お疲れ様です。
行く山々の景色を堪能させていただきました。
momo  (2019/05/06 8:15:46) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。