NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜W”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2019/01/28 21:29:41|その他
広沢寺周辺尾根 (VR周回)

山行期間:2019年1月26日午前7時55分〜14時00分
○ 山行名: 梅の木尾根〜弁天見晴らしコース
○ 参加者名:(LD)つっちい、おけいさん、ロン、takka

○ コースタイム・天候晴れ、やや風あり。

広沢寺駐車場7:55-弁天尾根沢コース入口8:05 – 林道9:25-すり鉢広場11:50 – 東屋跡11:15(昼食)- 11:45発 – 見晴らしB- 12:10見晴らしA12:35弁天尾根沢コース入口13:45−広沢寺駐車場14:00


〇 山の様子

天気は「風強い」との予報で不安があったが、広沢寺駐車場に着くと素晴らしい天気であり風もなく
絶好のバリエーション日和でした。

今日の仲間とは、駐車場入口のセブンイレブンで一緒になっており、駐車場に着くや早速準備して5分前に出発しました。
いつも遊んでいる弁天岩手前の斜面を沢に降りると、そこからが今日のコースの始まり、微かな踏み跡と以前の登山道であったろう崩れた石積みが見える。
崩れる土砂を踏み越えて、藪に阻まれながら一汗かいて急斜面を登ると車が通る作業道に出た。

キャンプ場跡や五段の滝を過ぎて、本日一番の急登「地図上では」に取っ掛かりです。
チェーンスパイクの有り難みを感じて大岩を巻いて、急登をハアハア言いながら暫く歩くと尾根に出る、そして直ぐに見晴らしBの看板。
見晴らしBがあるからAもあるだろうと尾根筋を歩くこと20分小さく書かれた木片に見晴らしAの文字発見、写真をパチリ。

すり鉢広場を眺めて東屋に行くと、小屋は取り壊されているが陽当たりは良いし風も来ない、という事で少し早めのお昼になりました。
昼過ぎは、今コース最高地点の720メートルの大沢分岐点を過ぎて梅の木尾根に入る。ここからは降りなのでスピードもアップ、途中その日はじめての登山者と会う。
アップダウンを繰り返し、「キャンプ場入口」の道標を発見、道は荒れてるし、登山道の面影を残す杭を頼りに歩くと元キャンプ場の河原に出る。

これで一回りした事になる、後は林道を戻り「弁天岩の上に出る尾根」を探してしっかりと地図読みを行いました。
もう少し先か?いやここで良いんじゃない?などと先に行ったり戻ったりしながら降りると、クライマーの声が聞こえた。
そして木の影を透かして眺めると見覚えのある岩場が見えた。
落ち葉の坂道を慎重に降りると朝の取っ付きに出て楽しいバリの終わりです。
皆さん、楽しい一日でした、またよろしくお願いします。
         (ロン 記)
写真@沢コース炭焼き釜後
  A見晴らしAにて
  B見晴らしA
  C大沢分岐にて




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

今回も。。。。
おもしろそうなルートですね〜
参加できなくて残念でした。

mikko  (2019/01/29 21:07:31) [コメント削除]

変化があっておもしろかったですね!
低山ですが急な登りと下りと
沢コースはかなり荒れていました

つっちぃ  (2019/01/28 21:36:54) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。