NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜W”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2019/01/24 19:38:02|その他
弁天岩周辺尾根 VR周回

1/20(日)
メンバー:つっちい(L)、mikko、momo、じゅん(記)

蛭ケ岳でのバリエーション予定だったが前日に山頂付近が風速19〜20m/sで危険とのことで中止。
急遽厚木の広沢寺からの弁天見晴らしへと行く場所変更になった。
バリエーションと聞くだけでワクワクが止まらない。

行程:8:00広沢寺P−9:20下弁天ー中弁天ー10:00上弁天ー11:30広沢寺P

 7:45広沢寺P着、今日は25名参加の地図読み教室が行われるそうで人が集まってきていた。
 準備を整えて8:00出発。暦上”大寒”なのに今日は暖かい。
左手に見城山を見ながらゲートを入り林道を進む。と、突然「ここから入るのよ」とつっちいさん。赤テはあるしそういう目で見ればその先に踏み跡がなくはないが私には「えっ?ここから?」という場所から右へ下降、いよいよ始まる感!落ち葉が多いのと乾ききっているルートの為早々にチェーンアイゼンを装着する。
 少し登ると一度林道へ出、弁天尾根への次の取付を探す。斜面の岩に見えるのが脆そうだけど上がれそうかとか、少し周ったらルートありそうとかを話し合う(私以外で・・・)結果少し左手に周ってみたらゲートを発見。キャタピラで固められた道があったのでそこを入りショートカットしながら尾根に着く。右手に鐘ケ岳が見えた。昨年の台風の影響か根こそぎ倒れている大木がたくさんあった。
 登り始めから全く気にならない程の雨っぽいのがパラリと降っていたがこの辺りから遠くで風の音が聞こえ始めた。9:20休憩。momoさんからスィートポテト、つっちいさんから小粒の甘いみかんを戴く。お砂糖が入ってないのに甘納豆入りでちょうどいい甘さでおいしすぎる!ヘルシーでおいしいおやつを手造りできるmomoさん尊敬です。
 眼下に街(厚木?相模原?)を見ながら傾いた鹿柵沿いを歩いていたがどんどん風が強くなってきて時折突風も吹く。気温が高いので寒くはないが風が当たる左耳がけ冷たく感じる。先輩達予想で5〜6m/sかなと言っていたが体感的にかなり強風で、風速20m/s蛭ケ岳は確かに危険値なのだと実感した。風は体温を奪うので山では風速を見ておくことが大事だと教わった。予報ではこれからの時間も風は続きルートも尾根なので上弁天で下山することに決定する。
 鹿柵から張られた針金が足元にあったり頭の高さにあったりでひっかかりそうだ。予定外のルートで下りるので地図とにらめっこ。先日教わった地図読み発揮!といきたいとこだが先輩達が言うから尾根に見える、道が見える程度の私、まだまだまだまだだ〜。木の根っこを落ち葉だらけの山の中〜って感が心地よい。下山1時間で朝登った尾根と平行している沢へでた。大きな岩の前でひとりでボルダリングをやってるおじさんに遭遇。mokkoさんが少しおしゃべりしている間におじさんを観察したら週2で来ているというだけあって余計な脂肪がついてない筋肉質な方だった。
 直後、急斜面を下降しちょっと登り返したら林道へでて 本日おしまい。

おまけ
 P傍にあったハーブガーデンの庭でランチタイム。時間がたっぷりあったので広沢寺へ立ち寄ってみた。何年も何度もクライミング等で訪れている広沢寺周辺だけどお寺は初めて参拝したそうだ。同じ敷地に広沢寺温泉もあったけどバス便休日4本、平日2本/日少ない。。。因みに温泉入館料1000円(日帰り)で次回500円割引券もらえるそうです。

 写真 @倒木をまたいで
    A登ります
    B急なくだり
    C広沢寺にて


関連記録 mikkoさんの記録へ





     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

風にもめげずに・・・
いや〜尾根の風は半端なかったね。
飛ばされないように立ち止まったりしてリーダーのここから降りますの声でほ〜っとしました。

momo  (2019/01/25 9:24:11) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。