NET山岳会”HALU”

Eメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。 活動はハイキングから岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限もありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。別にもう一つ、詳細なサイト”HALUU”がありますので、リンク欄から訪問してください。
 
2016/02/05 14:58:00|その他
筑波山 御幸ヶ原コース〜白雲橋コース

日時:1月30(土)〜31(日)
天気:30日雨のち曇り:31日晴
メンバー:Iさん(LD)、Fさん、Sさん、Yさん、Sさん、
Iさん、Hさん、Tさん、Aさん、Hさん、Mさん、Aさん、
Tさん、さとさん・mikkoさん・つっちいさんmomo、
(17名)
コース
1/30)
平塚自宅12:35⇒茅ヶ崎海岸IC⇒圏央道⇒境白河IC⇒筑波ふれあいの里(コテージ泊)

1/31)
筑波ふれあいの里7:00⇒筑波山第三駐車場7:25→7:34筑波神社7:43→8:55男女川(水場)→9:32御幸ヶ原9:48→10:00男体山10:13→10:19御幸ヶ原10:41→10:55女体山11:00→11:47弁慶茶屋跡12:06→13:15筑波神社→13:25筑波山第三駐車場⇒往路を帰路に着く

山友の日本百名山100座目、完登のお祝いを友人たちと一緒にするために参加させていただきました。

1/30)
本日は早朝発の筑波山登頂予定でしたが天候が思わしくないので時間を遅らせ午後からの出発になりました。
Iさんの車で順にピックアップしていただき茅ヶ崎海岸ICから圏央道に乗って、待ち合わせ場所の厚木PAに向かいました。
PAに着き17名が3台の車で合流、五つの山岳会に所属しているメンバー達がそろい。よろしくお願いしますとご挨拶。
圏央道に入り鶴ヶ島JCTから先は未知の世界です、菖蒲PAで休憩後、境古河ICで下り、一般道で筑波山の麓にある筑波ふれあいの里に向かう。

筑波ふれあいの里に到着して、さっそく前夜祭の支度です。コテージは2棟借りていたので男性用の大きな棟で準備をし、私と、つっちぃさんはFさんと一緒に食料品の調達にスーパーへ行く。スーパーでいろいろ買い物をして急いで戻ります。

残っていた人たちが準備をしていて買ってきた物を並べてあっという間にテーブルの上はにぎやかになりました。数えきれない料理とお酒類や差し入れなどがテーブルいっぱいに並び、Fさんの百名山完登おめでとうと祝賀会の始まりです。
そしてケーキにみんなで、チョコペンでお祝いメッセージを1字ずつ書いてFさんを祝します。Fさんケーキは夢にも思っていなかったと感激してくれました。にぎやかに、飲んで食べて楽しく美味しい時間を過ごし22時半頃にお開き、女性陣は別棟に移っておやすみなさい。

1/31)
5時35分起床。支度をしていると「御飯が出来たよ〜」の電話があり急いで支度をして男性棟に行きます。
テーブルにはハムエッグに焼き立てのパン、サラダ、デザートなどが並んでいて、美味しくいただきご馳走様でした。
いつも作るばっかりなのですご〜〜〜くおいしかったです。たまにはいいね〜〜〜

食事が終わって、片付けや掃除をして7時に出発です。
空は雲一つない青空で絶好の登山日和、筑波神社でお参りを済ませIさんを先頭に出発です。
歩き始めてしばらくすると雪が付き始めるが歩きには問題ないのでそのまま高度を上げていく。

見事な杉の巨木に驚いたり、男女川では湧水を飲んだりし、遊びながら歩を進める。途中からニャンコちゃんが道案内のように先頭を行きます。凄いニャンコちゃんです。足が冷たくないのかな〜。途中からは先に行ったのか見えませんでした。
後で聞くと山頂まで行っていたそうです。ガイドねこだったのかな〜。
高度が上がって行くにつれ、雨氷が現れ時々頭に融けたのが落ちてきてヒヤ〜冷たいと歓声が上ります。
御幸ヶ原に着きしばし景色を眺めて男体山に登ります。雨氷が融けてきて氷の雨が降って来ます。登山道が凍結しているのでチエーンアイゼンを付けて雨氷帯の中を登り最後はFさんを先頭にして到着です。山頂には神社があり道標は少し下にありました。Fさん、日本百名山完登おめでとうございます。みんなで記念撮影を済ませ下山です慎重に降りましょう。 

御幸ヶ原に戻ると筑波大学の学生さんが大勢いて大声をあげていて賑やかでした。1年、2年、3年生のバスケット部の仲間だそうです。少し離れて少々のビールとケーキでおめでとうの乾杯をして女体山へ登ります。道は緩やかでガマ石等の奇岩怪石を見ながら進みます。ロープウェイやケーブルで来られた方たちは軽装でスニーカーの人が多くすべって転んでいる人もいました。
女体山の山頂から眺める関東平野は広くて平坦で印象的でした。

下山は白雲橋コースで様々な奇岩怪石を楽しみながら降ります。弁慶茶屋跡でランチタイムを取っていると先ほどの学生さんが数名降りてきて先に行ったけれど、スニーカーなので滑って中々進まず難儀をしていたけれど若さですね…降りていきました。

気温が上がって、雨氷が解け始めると青空なのになぜか頭上には雨が落ちてきます。初めての経験をしました。
筑波神社に到着です。無事に下山したことを感謝しながらお参りをして駐車場に戻りました。

写真上から:見事な雨氷・筑波男体山・女体山・女体山山頂

関連記録 mikkoの記録へ




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

ぜひ行ってみてください
お天気次第ですが、日が当たってくると氷が融けて槍のように降てきました。とってもきれいでしたよ。
momo  (2016/02/05 22:27:13) [コメント削除]

お祝山行だったんですね。
おめでとうございました。
私も筑波山に行ってみたくなりました。
すばらしい樹氷ですね。なんか凄い迫力!
私も行ってみたくなりました。

おけいさん  (2016/02/05 16:49:06) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。