NET山岳会”HALU”

Eメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。 活動はハイキングから岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限もありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。別にもう一つ、詳細なサイト”HALUU”がありますので、リンク欄から訪問してください。
 
2015/08/13 8:37:50|その他
北アルプス 餓鬼岳+唐沢岳〜常念岳〜霞沢岳〜島々

2015年8月8日〜11日

メンバー:FUKU

コース計画:一日目、白沢登山口〜餓鬼岳小屋でテントを張って唐沢岳往復 二日目、燕岳〜大天井岳〜常念小屋でテント 三日目、常念岳〜蝶ヶ岳〜大滝山〜徳本峠でテント 四日目、霞沢岳ピストン〜島々に下山


今回の縦走。霞沢岳に以前登ってるけど、常念山脈はそれ以外全く登った事がなくって、歩くなら餓鬼岳〜霞沢岳まで3泊で一気に繋げたいなって思っていた。下山も長い島々まで歩けば地図的にも満足出来るんじゃないかと。。だいたい4日間とも地図のコースタイムは10時間以上だ。暑いので早立ちを心がけて頑張るぞ!


一日目:朝4時半、餓鬼岳白沢登山口をタクシーでやってきた単独テント泊装備のお姉さんと挨拶をかわし出発。餓鬼岳小屋のテント場は5張りと狭いからそれが心配だったけど、車一台バイク一台しか止まってなかったから何となく安心できた。
餓鬼岳登山道は暑さもあるけど、正直きつかった(笑)。帰りのタクシーの運転手さんも言ってたけど、きついと評判らしい。今まで経験のない汗をかいてる気がする。ズボンの裾まで汗がしたたっていくのがわかる。そんな感じで、餓鬼岳小屋に9時半到着だ。さっそくテントを張り、唐沢岳までのピストンだ。近くに見える唐沢岳だけど、アップダウンがなかなかしんどかった。暑くて長居は出来なかったけど、いいとこ取りをしているような唐沢岳からの展望は素晴らしかった(写真1)。
14時すぎにテントに戻り、朝のお姉さんとおじさんと3人で一杯やりながら過ごせたのは楽しかったなぁ。。


二日目:静かでいい山だった餓鬼岳をあとに3時40分出発、常念小屋まで歩こう!暗がりの中をヘッドライトで岩場やハシゴ場を進んでくのは冒険心をくすぐられて楽しい!樹林帯に朝日が差し込んでくるのは感動的だった。このルートでしどかったのは東沢乗越からの急登だ(写真2)。暑さでたまらなかったけど、稜線にあがれば燕岳と小屋が見える。しばらく進めば賑やかな縦走路だな〜まぁそれもいい、たくさんの人と挨拶を交わして燕岳〜大天井岳〜常念小屋へと進んでいく。繁華街にきたような気分でコーラを買って飲んだりして、13時40分常念小屋に到着だ。思ったより早く到着できたから今日ものんびりビールがうまい。


三日目:常念岳で日の出を見ながら進もうとテントを片付け、朝3時半出発。ちょっと時間的に早いけど、目は覚めてしまってるし暇だから登り始める。小屋やテント場を見下ろせば、ヘッドライトの光が星のように見える。なんかいい感じ。。涼しいし快適に登って常念岳到着。何となく嬉しい一番乗りだ(写真3)。肌寒いから岩陰に隠れて30分ほど日の出を待つ。今日もいい天気で、山がオレンジに染まった頃歩き出す。今日は徳本峠までだ。蝶槍あたりには人がたくさんいた。大滝山で山小屋のお兄さんとしばらく話したけど、お客さんも少ないから一人で任されてるらしい。ここは静かなのが売りなんですと言っていた。ここから中村新道は歩きは楽だけど、展望のない樹林の中の単調な歩きにメンタル的に辛い(笑)。。恐ろしく長く感じて、13時10分、徳本峠に到着。早く着けばいい場所にテントも張れるし、のんびりできるし、涼しい時間にできるだけ進んでおける。夏山の早起きは何文も徳がある。


四日目:朝3時に出発予定が、3時半になってしまう。ちょっと出遅れてしまった。取りあえずは軽い荷物で霞沢岳をピストンだ。歩き始めにふくらはぎとアキレス腱に痛みがあったけど、途中で消えてくれたから良かった。やっぱり疲れは出てきてるのかな?K1ピークの急な登りも涼しいなか快適に歩いて霞沢岳に到着。歩いてきた常念山脈を眺めるのは気持ちのいいもんだ。でも、餓鬼岳なんてはるか遠くでどこだかわからない(写真4)。朝もやの360度の展望で4日間で一番感動的だった。いつまでもここにいたいけどテントに戻ろう。戻って片付けをしてると昨日から仲良くなった小屋の若い兄さんが隣に座ってきてしばらく話す。5日ぶりの風呂上りに嬉しそうだ。夕立以外、半月はまとまった雨が降ってないからなかなか風呂にも入れないらしい。登山道の草刈も彼がやってるようで綺麗に刈られていたのを褒めておいた(笑)。保護メガネだけはちゃんとしなきゃダメだよ〜といろんな話をして楽しいけど、そろそろ山をおりよう。小屋の若い姉さんはピアノが趣味でぽろぽろいい音が響いていた。餓鬼岳小屋や徳本峠小屋のような静かな山小屋はやっぱりいいな。。

上高地に下山でもいんだけど、時間もあるしここまできたんだから島々谷ルートから下山だ。達成感もきっと違うだろう。沢沿いの長い歩きは林道歩きも含めて島々まで16キロでさらに新島々の駅まで歩いたから20キロ以上だ。この四日間よく歩いたな〜と思う。付き合ってくれた自分の体に感謝だな。あとは、電車&電車、タクシーを乗り継いで白沢登山口に到着でした。





 




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 8 件中 ]

chanel ピアス スーパーコピー
初めて利用させてもらいましたが、大変満足です!
商品も新品ということでしたが、新品!?と思えるほど綺麗な状態でした♪
梱包も丁寧過ぎるほどで、スタッフさん、ショップさんの心遣いがとても感じられました!
品揃えも多いので、また気に入ったものがあれば是非利用したいです。
ありがとうございました(*^^*)

chanel ピアス スーパーコピー [WEB] (2020/07/08 19:07:23) [コメント削除]

激安ブランドのオーデマピゲ腕時計
どこか懐かしさを感じさせる雰囲気を放ちます ベル&ロスのBR01シリーズは入手困難となるほど、爆発的なセールスを記録します。
掲載商品は店頭販売もしている関係上、ご注文手続きを頂いた時点ですでに販売済みになっている場合があります。
手首に主張するピンクマザーオブパールアンティークを思わせるしなやかなミラネーゼブレスレットのシリーズに、マニッシュな大きめサイズが登場。
2002年より完全独立を果たし、スイスの自社工場で生産される事になったベル&ロスの腕時計、2005年についにベル&ロスの最大のヒット作であり、ベル&ロスを代表するモデルが誕生します。
二次市場では、その時の状態で決まることが多いが、大半の場合、ブランドになれない企業は、平均価格は下落していくものなのである。
時計の状態が不安な場合は買取業者に事前に確認してみよう。
ロゴの形は腕時計を表しており、そこには創業者2人の名前、ブランドに関わる様々な才能、スタッフ、マスター・ウォッチメーカー、プロフェッショナル・ユーザーを意味しているそう。
プロパイロットの愛用者も多い腕時計です。
水嶋ヒロが、「ビストロSMAP」の勝者にベルロスの時計をプレゼントすると、いった内容でした。
無料買取キットはとても簡単で便利でした! に関していえば、衣服のフォルム、染料の手法などレザーの技術は最高レベルに引き上げられた。
ベル&ロスが掲げた”世界最高峰の時計を作る”というコンセプトに最も近いモデル”BR”シリーズが産声を上げます。
BRシリーズはプロスペックのパイロットウォッチ、視認性、機能性、耐久性においても、老舗高級時計ブランドと肩を並べる事の出来る本格的腕時計。
航空機の計器がそのまま腕時計へ転換されたと言える、とても個性的でユニークなフォルムで人気を呼びました。
1950年代から著名なデザイナーとのコラボレーションにより、話題性のある商品を発表してきました。
創業以降ジンとの共同製作に甘んじてきたベル&ロスが、ようやく独り立ちできた記念すべき作品でもあります。
この大迫力のスクエアケースは世界的なトレンドも味方して、時計好事家以外にも、セレブやファッショニスタを虜にしていきます。
ベル&ロスのBR01シリーズは46ミリの正方形ケースとかなりの大迫力、一回り小さいBR03シリーズでさえ、42ミリのビッグサイズです。
46ミリのスクエアーケースは、かなりの迫力です。
一般的な日本人の腕にはBR03の方が、収まりがいいとも言われています。
カタログで採用されたベル&ロスの腕時計が、注目を集めないハズはありません。
イタリアの時計ブランドである”パネライ”が一世を風靡して以来、時計業界はビッグケースがトレンドとなっていました。

激安ブランドのオーデマピゲ腕時計 https://www.cocolv8.com/watch/product-17145.html

激安ブランドのオーデマピゲ腕時計 [WEB] (2020/07/03 8:24:02) [コメント削除]

momoさん、おはようございます
ありがとうございます。momoさんも新島々から歩いたんですね!やたら長く感じますよね。。でも、歩かなきゃどんなルートかわかんないし、今回歩いてよかったと思います。
FUKU  (2015/08/16 8:33:38) [コメント削除]

素晴らしい健脚ですね
FUKUちゃん縦走おめでとうございます。
新島々から徳本峠・霞沢岳に行った事がありますがきつかったことを覚えています。
FUKUちゃん凄すぎ・・・・

momo  (2015/08/15 8:49:22) [コメント削除]

mikkoさん、おはようございます
餓鬼岳&唐沢岳でブルーベリー。。いいですね!静かでいい山ですよね。霞沢岳も静かで良かったです。
今回、縦走って目的で一気に歩いてそれも醍醐味だけど。燕岳〜大天井岳あたりの記憶が薄くって、一つ一つの山を印象づけるんだったら分けて登った方が良さそうです。

FUKU  (2015/08/14 8:45:02) [コメント削除]

wishさん、おはようございます
どうせ夜もよく眠れないし(笑い)3時半で早立ちと言えるかわからないけど、目的のテント場に早めの到着でのんびりもできたし大成功ってとこでした。
FUKU  (2015/08/14 8:35:43) [コメント削除]

流石〜
mikkoはFUKUちゃんの縦走したルートを4回に分けって登りましたがFUKUちゃん、凄ですね〜
餓鬼岳&唐沢岳ではたくさんのブルベリーを食べた思い出があります。
お疲れ様でした。

mikko  (2015/08/13 18:37:58) [コメント削除]

FUKUちゃんガッツだね〜
気の遠くなりそうな行程です。さすがわFUKUちゃん(@_@)
WISH  (2015/08/13 17:15:16) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 8 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。